状況で利用方法を考える|引越しで新境地を開拓|業者選びがポイント

引越しで新境地を開拓|業者選びがポイント

状況で利用方法を考える

ダンボール

荷物の量で価格が決まる

引越しの件数は年間で数百万は存在し、その半分は単身者だと言われています。単身の引越しはひと言で言っても、住み替えやひとり暮らし、転勤といった個人の事情が存在します。そのため、安く手軽に行えるよう引越しのプランには単身者向けのものがありますが、荷物の量や距離によって使えるプランが異なってきます。料金は決して安くないので、少しでも出費を減らして家財道具を購入する代金に充てたいという人もいるでしょう。しかし、上手く使えば少ない出費になりますが、最安値でのプランは本当に衣類やちょっとした小荷物程度を運ぶことになるので、自分の状況に合わせて気を付けるべきポイントがあるので、まずはその辺から知っておく必要があります。

各プランでの特徴

引越し単身パックというプランがありますが、こちらは滑車付きのコンテナに荷物を積み込み輸送するサービスで、予め積み込める量が決まっていることから訪問見積もりや追加料金が発生しないというメリットがあります。ただし、運べる量が限られているため、大きな家具や家電などは運べず、場合によっては破損する可能性もあるため注意が必要となります。もう一方で車両をチャーターして積み込みの量の制限が緩くなる引越し単身プランというものがあり、こちらは大きな家具や家電でも運ぶことが可能です。依頼者が手伝うことを条件にして、作業人数を減らすことで人件費の分だけ安くすることもできますが、荷物を箱に詰めたり訪問見積もりがあるので面倒な部分が増えます。料金も単身パックに比べて高くなるので、状況に合わせて選ぶことになります。